メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

お肌の話

皮脂は肌に必要!?皮脂分泌の仕組みとは

更新日:

夏が近づくと化粧くずれや顔のテカリなどが気になる女性は多いのではないでしょうか。これらの主な原因は、汗と皮脂です。男女問わず、皮脂が多く、顔がベタベタとしていては、不潔な印象を与えてしまいますし、吹き出物などの原因にもなってしまいます。

「なんで皮脂が出るの!」と不満を持っている人もいるかもしれませんね。しかし、実は、皮脂は肌にとって大切な役割を果たしています。今回は、皮脂の役割や成分、皮脂が原因で起こる肌トラブルやケア方法などについて紹介していきます。

皮脂とは?

皮脂とは、皮膚の内側で脂質を蓄積する皮脂腺から分泌され、汗と混ざって肌表面に膜を張るもののことです。これを皮脂膜と呼び、肌内部の水分蒸発を予防するフタの役割をしたり、肌や毛髪にうるおいを与えてつややかに保つ働きをしたりしています。

元々の成分は、中性脂肪(トリグリセリド)が約60%、ワックスエステルが約25%、スクワレンが約12%です。

しかし表面に出てきた後に脂質や菌の影響により、トリグリセリドが約20~30%、ジグリセリド・モノグリセリドが約10%、遊離脂肪酸が約20~30%、ワックスエステルが約20%、スクワレンが約10%へと割合が変わります。

皮脂の役割

皮脂は、肌や毛髪にとって、重要な役割をいくつか持っています。まず1つ目が、肌や毛髪の水分を保持することです。うるおいのあるつややかな肌や毛髪には、保湿は最も大切です。皮脂は毛穴の内部にある皮脂腺から肌表面に分泌され、肌の上で薄い膜状に広がっていきます。

皮脂膜と呼ばれるこの油膜によって、肌の水分が保たれ、みずみずしい肌や頭皮作りに役立ちます。2つ目に、外部から皮膚を守る働きをしています。

ボクサーが試合の際にワセリンなどの油を塗ってけがを予防するように、自ら出てきた皮脂によって肌を外敵から守ることができます。

3つ目に抗菌作用があります。肌の表面には、常在菌と呼ばれる善玉菌がたくさんいて、皮脂をエネルギー源にしています。常在菌が皮脂を分解することで肌は弱酸性に保たれ、雑菌が繁殖しにくい環境を作ってくれます。

皮脂分泌とホルモンの関係

皮脂の分泌量は、性ホルモン(アンドロゲン)の影響を大きく受けると言われています。一般に、男性ホルモンの分泌量が多い思春期に、皮脂量も増加するため、その時期にはニキビなども目立つようになります。

男性の場合は20~40歳代にかけて多く、ニキビや顔のテカリによってギトギトとした印象を持たれてしまう時期です。

女性の場合は、思春期から成人にかけては男性ホルモンとよく似た働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されるため、20歳代に皮脂に一番悩まされるでしょう。

また、女性は、月経後の黄体期にも皮脂分泌が増加します。特に顔の中でも額から鼻にかけたTゾーンは最も皮脂分泌量が多いので、化粧くずれやテカリに要注意です。

皮脂が原因で起こる肌トラブル

皮脂は、肌を保湿したり、外部から肌を保護して弱酸性に保ったりしています。その一方で、紫外線や空気などにさらされることで酸化して肌に悪影響を及ぼす可能性があります。皮脂が原因で起こる肌トラブルには以下のようなものがあります。

 皮脂の過剰分泌による肌トラブル

皮脂の過剰分泌により、皮脂を好む常在菌が増えすぎて、脂漏性湿疹やニキビ、吹き出物ができやすくなる恐れがあります。また、紫外線などにより皮脂が酸化し、そのままの状態が長く続くと、毛穴周りの肌にダメージを与えてしまうことがあります。

すると、毛穴の拡張や黒ずみなどを引き起こしてしまいます。また、皮脂の酸化は、においの原因にもなるので注意が必要です。

皮脂の減少による肌トラブル

皮脂の分泌が減少すると、肌の水分が蒸発して乾燥し、しわやしみ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎などを引き起こす可能性があります。また、皮脂欠乏性湿疹と呼ばれる乾皮症になることもあります。

乾皮症は、皮膚が乾燥して白い粉をふいたり、ひび割れなどで痛みを感じたりする症状です。健康な肌は、皮脂膜によってバリア機能が働いているため異常が起きづらい状態に保たれていますが。

しかし皮脂が極端に減ることでバリア機能が低下し、肌が弱酸性の状態を保てなくなります。すると、皮膚上で細菌が繁殖し、細菌感染や様々な肌トラブルを引き起こすことがあります。

皮脂のケア方法

皮脂バランスを整えるためには、適切なスキンケアを行うことや健康的な生活を送ることが重要です。

 スキンケア

自分の肌質やメイクに合ったクレンジング剤や洗顔料を選び、やさしく汚れを包み込むようにして、ていねいに洗います。ゴシゴシこすったり、洗浄成分を肌に長時間のせたままにしたりすることが無いよう気をつけましょう。

洗顔後は、すぐに化粧水などのスキンケアを行います。洗顔によって失った水分と油分を補給することが大切ですので、皮脂が気になる方も必ず保湿を行うようにしましょう。

健康的な生活

性ホルモン以外にも、食事や睡眠、運動、ストレスなどが皮脂分泌に大きな影響を与えます。バランスの良い食事、良質な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めないなど健康的な生活を心がけましょう。

また、たばこ、動物性脂肪、糖質なども皮脂バランスを乱す要因として挙げられますので注意しましょう。

-お肌の話

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.