メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

肌質別のメイク落とし

敏感肌のクレンジング&洗顔のやり方とは

更新日:

敏感肌は「化粧品にかぶれやすい」とか「わずかな刺激でも肌に赤みやかゆみが出やすい」といった悩みがあります。しかし間違ったスキンケアが、肌を傷つけて敏感肌のような肌トラブルを引き起こすこともあります。

メイク落としのときにごしごし肌をこすったりコットンの使い方を間違っていたりして、肌に負担をかけてしまうと、肌を荒らしてしまい自分は敏感肌だと思ってしまう方もいるので注意してくださいね。

ここでは、アレルギー体質だったり元々肌のうるおいが少ない敏感肌の方のためのクレンジング&洗顔のポイントを紹介していきたいと思います。

敏感肌って?

少しの刺激でさまざまな肌トラブルをおこしてしまう敏感肌は、一体どういう状態の肌なのでしょうか。敏感肌とは、皮膚の一番外側の角質層の保水力が低下してしまい、肌のバリア機能が非常に低下もしくは破綻してしまっている状態のことです。

これは角質層を満たし潤いを保っている”セラミド”という成分が不足しているために起こっているのです。正常な状態では水分(汗)と油分(皮脂)が混ざり合ってできた皮脂膜が肌の表面を覆っていて保護しています。

しかし敏感肌では、皮脂膜のバリアが不十分なため、外部からの刺激にとても弱く、少しのきっかけでさまざまな肌トラブルを起こしてしまうのです。

敏感肌によくある肌トラブルとは

敏感肌に多い肌トラブルとしては、以下のものがあります。

  • 肌のカサつき
  • ヒリヒリとした痛みやかゆみ
  • ニキビ
  • 赤み
  • 吹き出物

そして、肌トラブルになると肌自体の回復力も衰えているため、なかなか治らないのも敏感肌の特徴です。

敏感肌に刺激を与える成分とは

敏感肌は影響を受けやすい肌質です。自分の肌に合うものや合わないものを知ることで、肌トラブルを起こしてしまう合成成分が含まれているコスメは、なるべく避けるようにすることが大切です。

敏感肌に刺激を与える以下の成分は、基礎化粧品・メイクアップ用品・整髪料・洗髪料・香水・ベビー用品・日焼け止め・歯磨き粉・マニキュアなど身近にあって毎日使用する製品に含まれています。

使ってみてすぐに肌が荒れるということは多くはありませんが、使い続けるうちに徐々に肌に影響がでてくる可能性もあります。

化粧品を長持ちさせる保存料・防腐剤

化粧品は開封して使用していくうちに空気中や指に付着したバイ菌が入ってしまうため、防腐剤が使われることが多いです。

防腐剤の代表的なものは、メチルパラペン・エチルパラペン・プロピルパラペン・ブチルパラペン・ベンジルパラペン・フェノキシエタノールで、皮膚炎やアレルギー反応を引き起こす場合があります。

また、ジアゾリジニル尿素・イミダゾリジニル尿素は接触性皮膚炎の原因になることもあります。

アルコール・エタノールは敏感肌には特に注意

アルコール・エタノールは殺菌作用に優れ、ぽっかり毛穴を引き締めてくれる収れん作用があります。敏感肌はニキビに悩んでいる方も多いのに、アルコール類はニキビ用コスメにもよく使われています。

アルコール類は蒸発しやすい性質をもっていて、蒸発する際に肌の水分もいっしょに持っていってしまいます。なので肌がより乾燥しやすく、ヒリヒリとした刺激を感じてしまう可能性があります。

泡立ちをよくするための成分

泡立ちをよくする成分として、ジエタノールアミン(DEA)・トリエタノールアミン(TEA)が配合されていることがあります。ラウリル硫酸ナトリウムは、頭皮が乾燥する・発疹ができるなどのアレルギー反応を引き起こすことがあると言われています。

見た目をよくする合成着色料

肌への刺激が強い合成着色料は"FD&C"や"D&C"と表記されているもので、化粧品を美しく見せるために使われているものなので注意が必要です。

肌トラブルの多い香料

香料はじつは最も肌トラブル・アレルギー症状を引き起こしやすい物質として有名です。しかし、成分表示では"香料"とだけしか表記されていないことが多く、実際にどんな種類の化学物質が使われているか知ることはできません。

香料は光に反応して刺激物になるものもあります。化粧品自体には香料が含まれていないものをセレクトして、香水やコロンで香りを楽しみましょう。

敏感肌に効くクレンジング&洗顔

敏感肌の方は、とにかく肌に負担をかけないようなスキンケアを行うことが大切になってきます。メイク落としシートは簡単・便利に使えるので使いたいものですが、”拭き取る”こと自体が肌への刺激になるので避けたほうが無難です。

メイク落としに含まれる界面活性剤も肌によくないと思われがちですが、メイクを落としきれずに肌に残ってしまうと酸化の原因になってしまったりします。

肌に負担をかけないメイク落としで大切なのは、クレンジング剤が肌の上にとどまる時間を短くすることです。洗い流すタイプのメイク落としを使用し、なじんだと思ったらすばやく洗い流すようにしましょう。

そしてヌルつきが残らないようにW洗顔を行い、界面活性剤をしっかり落としましょう。洗顔のポイントは、よく泡立て、泡の上からそっと押すだけ、あるいは泡でやさしくマッサージするだけで皮膚の汚れは落ちます。

軽いメイクならメイク落としは使わず石けんでの洗顔だけで肌への負担はよりかからないので、しっかりメイクを毎日しないようが敏感肌にはよいですね。

メイク落としの種類と肌への刺激

上から肌への刺激が強いメイク落としを順に並べてみます。

  • メイク落としシート
  • クレンジングオイル・クレンジングリキッド
  • 泡クレンジング
  • クレンジングジェル(油性)
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングミルク
  • クレンジングジェル(水性)

敏感肌のメイク落としは水性タイプのクレンジングジェルを使うのがおすすめです。

敏感肌のスキンケアのポイント

敏感肌のスキンケアのポイントは”保湿”を大切にすることです。保湿はスキンケアの基本ではありますが、敏感肌にも欠かせないものです。

角質層の保水機能を回復させ、肌のバリア機能を回復させるために、しっかりと肌に水分を与え、油分でフタをする保湿中心のケアがおすすめです。また、肌に刺激を与えないことも大切なので、洗顔は最大レベルのやさしさで行うようにしましょう。

敏感肌のメイク用品の選び方

敏感肌やナチュアル志向の方はつい”オーガニック”や”天然”系化粧品を選ぶ傾向にあります。また、スキンケア用品に赤ちゃん用を使っていらっしゃる方も多いと思います。しかしながら敏感肌は、オーガニックや赤ちゃん用のものの成分に反応してしまうことがあります。

オーガニックコスメ・無添加化粧品って肌にやさしいの?(関連記事)

化粧品メーカーによっては”敏感肌用”の商品を開発しているところもあるので、一番自分の肌に合うものを探してみましょう。

とくにアトピー肌は、なかなか敏感肌用でも化粧品が肌に合わなくて困っている方も多いと思います。そんなアトピー肌な方には、アトピー・肌トラブル専門のアトピーラボがおすすめです。

アトピーラボ公式サイトはこちらから

敏感肌改善のためには

質のよい食事や睡眠をとる、ストレスを避けるなど、体の内側からも敏感肌をケアすることができます。敏感肌の根本的な原因は肌の乾燥ですが、アレルギーや栄養不足が現の場合もあります。

敏感肌改善のためには、肌のターンオーバーを正常に働かせることが大切です。ターンオーバーの正常化は、体内から対策を行うことができます。そのために最も大切なことは食事です。

肌のターンオーバーを促すビタミンAや亜鉛、ビタミンCを意識して積極的にとるようにしましょう。ビタミンAは緑黄色野菜や卵、鶏・豚レバーなど、亜鉛は牡蠣・豚レバーなど、ビタミンCは果物やイモ類などに多く含まれています。

どれも簡単に食事に取り入れることができるものです。敏感肌のケアの方法は他にもありますが、生活習慣を正したり必要な栄養素を摂取することは簡単なことなので自分の生活に取り入れられるところから始めてみてはどうでしょうか。

お肌のために栄養をしっかり補給

栄養不足になると皮膚のセラミドが作られず、肌のバリア機能が衰えやすくなってしまいます。ビタミン類や亜鉛のほかにも、皮膚のもととなる保湿にもなるアミノ酸が含まれる肉・魚・乳製品などのタンパク質をとることも大切です。

生活習慣の改善

睡眠不足・偏食・暴飲暴食・飲酒・喫煙などの生活習慣を続けていくと、血液循環や代謝機能に悪影響を及ぼしていきます。血液で運ばれるべき栄養素や老廃物が滞ると、よい角質層を作って維持することができなくなり、肌のバリア機能も低下していきます。

睡眠はやっぱり大事

肌の新陳代謝に欠かせない成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中です。また、新陳代謝は約6時間かけて行われるため、睡眠時間は6時間以上が大切です。

-肌質別のメイク落とし

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.