メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

肌質別のメイク落とし

乾燥肌のためのメイク落としとは?カン違い保湿に注意!

投稿日:

乾燥肌だと、化粧品が合わなくて肌が赤くなったりピリピリしたりしますよね。ここでは、乾燥肌のためのメイク落としや保湿の方法を紹介していきたいと思います。

乾燥肌とは、肌の持つバリア機能が弱まっている状態です。皮膚には、皮脂が作る皮脂膜・天然保湿因子・セラミドなどからなる角質細胞間資質の3種類のバリア機能をもつ物質があります。

この皮膚のもつバリアで、紫外線などの外部刺激やアレルゲンなどから肌を守っています。しかし、乾燥肌はこのバリア機能を壊してしまう原因となります。

乾燥肌を引き起こす要因とは

それでは、乾燥肌を引き起こす主な3つの要因について説明します。

皮脂量の低下

皮脂膜となるべき皮脂の分泌量が低下すると、直接刺激が角質層に伝わりやすくなります。皮脂の分泌量のピークは、女性は20代に迎えその後は除々に低下していきます。また、血行不良になると代謝が低下し、皮脂の分泌量も減少します。

また、皮脂腺は体の場所によって数が違います。目のまわりや口もとは、皮脂腺が元々少ないのです。

天然保湿因子量の低下

角質細胞内に存在する天然保湿因子は、アミノ酸・乳酸・尿素・クエン酸などからなり、水分を保つ性質をもっています。天然保湿因子は、日焼け・加齢・睡眠不足・ストレスなどで低下してしまいます。

角質細胞間皮質の減少

角質細胞間皮質はセラミドが大部分を占め、他の脂質といっしょに立体構造となり水をはさみ込み保水します。角質細胞間皮質が減少すると保水機能も低下します。アトピー性皮膚炎だと、セラミドの量が通常と比べ3分の1程度しかありません。

乾燥肌のためのメイク落としのやり方

それでは、乾燥肌のためのメイク落としのポイントをまとめます。

メイク落としが肌に与えるダメージ

メイク落としは油性の汚れを洗い落としますが、角質層にもダメージを与えるので注意が必要です。そのダメージとは、"摩擦によるダメージ"と"メイク落としの洗浄成分(界面活性剤)によるダメージ"です。

メイク落としには、メイクの油分を浮かせ水に溶けるようにするために、多くの界面活性剤が使われています。界面活性剤は、メイクや汚れだけでなく、肌の保湿能力の80%を担う角質層の細胞間脂質(セラミドなど)も洗い流してしまいます。

ダメージを最小限に抑える工夫

摩擦によるダメージを抑えるために、こすらないで落とすメイク落としを選ぶことが大切です。肌のためにマイルドなメイク落としを使っても、なかなかメイクが落ちず、こすってしまってはダメです。

なるべくこすらず、短時間でメイクが落とせるメイク落としを選びましょう。またメイクが濃い部分に合わせて選んだメイク落としで顔全体をクレンジングするのは、肌にとって大きな負担となります。

たとえばウォータープルーフのマスカラは落ちにくいので洗浄力の強いメイク落としが必要ですが、まつげ以外のところにはなるべくつけないようにして、オフすることが大切です。

その部分のメイクを落とすのに必要最低限の洗浄力のメイク落としを、顔のパーツごとに使い分けて、ダメージを抑えましょう。

乾燥がとくにひどい時は・・・

乾燥がひどい時は、メイク落としを使わないという選択もあります。お湯や石鹸で落とせるメイクを選べば、落とすときの肌の負担が軽くなるので、そのような商品を選ぶのも大切です。

乾燥肌のための保湿のやり方

それでは、乾燥肌にはどのような保湿の方法がよいのか説明します。

乾燥肌は化粧水だけじゃ不十分?

乾燥肌の方に限らずほとんどの方は化粧水を使っていると思いますが、化粧水だけでは保湿は十分とは言えません。化粧水は、肌への水分補給をして肌を整えるのが一番の役割です。

化粧水にも保湿効果のある成分は含まれてはいますが、水に溶ける分量が限られていますので、保湿効果は十分にあるわけではありません。一方、美容液は化粧水によって補給された水分の保持と、美容成分補給という役割があります。

美容液は化粧水で補われた水分を保持し、保湿を完璧なものにします。乾燥肌対策は、化粧水と美容液を併用することが大切なのです。

乾燥肌の保湿美容液の使い方

基本的に保湿美容液は化粧水で肌をととのえたあとに使用し、乳液やクリームで蓋をする方法を、皆さんもよくご存知だと思います。ただし、保湿美容液の使う順番はメーカーやブランドによって異なることがありますので、使用方法を確認してから保湿美容液を使いましょう。

また乾燥肌の方が保湿美容液を使う際の注意点として、一度に大量の保湿美容液をつけて浸透させようとすると肌にもともと備わっている保湿成分である皮脂の分泌バランスが崩れてしまう可能性もあります。保湿美容液は、適量を使用することが大切です。

乾燥肌の徹底保湿のために、保湿美容液を浸したコットンで15分ほど保湿パックするのもおすすめです。保湿パックなら、普通につけるよりも浸透力がアップするからです。

カン違い保湿で逆効果?

乾燥肌だととくに保湿が大事だということを今まで散々書いてきましたが、保湿のやり方によっては逆に角質層のバリア機能を低下させてしまうこともあります。貴方はこんなカン違いしてませんか?

水分を長時間補うのは実はダメだった?

長時間の入浴など肌がぬれている状態が続くと、角質層の細胞間脂質や天然保湿因子が流出してしまいます。

細胞間脂質や天然保湿因子を補う成分が十分に入っていない化粧水で長時間パックすると、肌がふやけて角質層の保湿因子が流出し、逆効果になってしまうことがあるので注意が必要です。

油分でしっかりフタをしたのに逆効果?

肌になじみやすいオイルを過度にぬると、細胞間脂質のバランスが崩れ、逆にバリア機能が損なわれてしまうことがあります。しかしワセリンならほとんど角質層に浸透しないので、安心して皮膚の保護剤として使用できます。また、ワセリンは皮膚科でも処方してくれます。

また乾燥肌はバリア機能が低下している状態なので、スキンケア化粧品をフルで使うことはそれだけ化学物質を肌につけることと同じになります。そうすると異物が肌に入り、アレルギー症状や炎症を引き起こしシミの原因となる可能性もあります。

肌が乾燥しているときは、なるべくシンプルなスキンケアをして基礎化粧品の種類を少なくすることも大切です。

乾燥肌に効く栄養素とは

肌によいといわれている栄養素はたくさんありますが、特に乾燥肌によい栄養素はビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、セラミド、αリノレン酸、亜鉛などがあります。

それらの栄養素は、新陳代謝を活発にしたり肌のうるおいを維持する成分の原料になったり生成を促すはたらきがあります。

乾燥肌は皮脂の分泌や角質層の水分や天然保湿因子の減少で、皮膚の表面が乾燥してしまっているので、これらの栄養素をしっかりととることで乾燥肌対策ができます。

乾燥肌を改善して健康肌になろう!

乾燥肌の方は、メイク落としやスキンケアにこだわっている方も多いと思います。しかしその方法が間違っていると、せっかくよい化粧品を使っていても十分な効果が得られないことがわかったと思います。

正しい方法でメイク落とし・スキンケアすることや生活習慣で、肌質は改善することもあります。ストレスが原因で肌が乾燥してしまうこともありますので、たっぷりの睡眠や規則正しい食事や適度な運動も心がけて、心身ともに健康な状態を目指しましょう。

 

-肌質別のメイク落とし

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.