メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

メイク落としの種類

クレンジングリキッドのおすすめは?特徴と使い方について

更新日:

メイク落としの中でも濃いメイクも落とせて場所を選ばず使用できる便利なクレンジングリキッド。実はオイルが入っているものやオイルフリーのもの、ふき取りタイプなど様々な種類があります。

今回は、クレンジングリキッドを上手に選んでもらうために、その特徴と正しい使い方について紹介していきます。

クレンジングリキッドの特徴

クレンジングリキッドは、水分をベースに作られ、水にも油にもなじみやすいクレンジング剤と言われています。主成分が水なので、水クレンジングと呼ばれることもありますが、中にはオイルが含まれているものもあります。

ローションタイプも大きく分けるとこのクレンジングリキッドに分類されます。洗浄力が高く、しっかりとメイクを落とすことができますし、サラサラとした液状で、さっぱりとした使用感が特徴です。

オイルフリータイプやオイルインタイプ、コットンに染み込ませてふき取るタイプなどがあり、使う場所やタイミングに合わせて使い分けられます。どのタイプもぬるつきが少なく、不要な汚れをすっきりと落とすことができます。

また、濡れた手でも使用できることが多いので、お風呂場でも使えて便利です。ふき取りができるタイプは、水場がなくてもメイクを落とすことができるので、旅行先や飛行機の中、疲れてメイクを落とす気力がない時にリビングでも使用できて重宝します。

しかし、洗浄力が高いので、肌に負担を与えることが懸念されます。乾燥肌や敏感肌の人は肌トラブルを引き起こすことがありますので、肌質に合わせて使用しましょう。

ウォータープルーフファンデーションやリキッドファンデーション、日焼け止めを使われる方やしっかりメイクをされている方に向いています。特にマツエクをつけている方は、オイルフリーのリキッドクレンジングは油分を含んでいないので安心して使うことができます。

おすすめのクレンジングリキッド5選!

それでは、クレンジングリキッドのおすすめ5種を紹介していきます。

アルファピニ(α PINI)28 ボタニカルリキッドクレンジング

価格:3,300円(税別) 内容量:120ml

W洗顔不要・濡れた手OK・マツエクOK

一般的なクレンジングリキッドはただの水がベースですが、このアルファピニのボタニカルクレンジングリキッドはクマケタランの蒸留水を使用。98%以上植物由来成分で肌にやさしく、敏感肌や赤ちゃんでも使えます。

美容成分70%17種の植物エキス配合で、テクスチャはクレンジングリキッドなのにとろ~り。するんとメイクも落ちるのにお肌うるおう美容液クレンジングです。

↓アルファピニ(α PINI)28 リキッドクレンジング公式サイト↓

⇒http://www.shellwomb.jp/cleansing.html ⇒植物力で落とす、うるおす。「アルファピニ28」 美容液クレンジング

  • アルファピニリキッドクレンジングの口コミ

ブロガーさんがオススメしていたので、サンプルを取り寄せてみました。ジェルのようにとろみのあるモタッと重く固めのテクスチャーなので、扱いやすく肌に負担なく落とせます。メイク馴染みは早く、濃いメイクも割としっかり落ちるのに、つっぱりません。後肌はしっとり柔らかくなります。最近角質ケアをさぼっていたんですが、コチラを1度使用しただけでゴワつきが無くなったので驚きました。しばらくサンプルを使い、肌が揺らいだ時もあえて使ってみましたが異常無かったので現品購入しました。敏感肌、乾燥肌の方にオススメです。

参考:@cosmeアットコスメのアルファピニリキッドクレンジングのレビュー

ORBIS(オルビス) クレンジングリキッド

価格:1,334円(税別) 内容量:150ml

濡れた手OK・マツエクOK・ノンコメドジェニックテスト済

オルビスのクレンジングリキッドは「すすぎクイック処方」で洗浄成分を素早く肌からはがし、さっとすすげてぬるつきゼロのすっきりした洗い上がり。テクスチャは美容液にようにとろみがあり、肌にスーッと伸びます。

しっかりメイクが落ちて肌がつっぱりません。オルビスでも売り上げNo.1の商品です。

↓ORBIS(オルビス) クレンジングリキッド公式サイト↓

⇒https://www.orbis.co.jp/ ⇒メイク落ち大満足!しかもうるおうクレンジング

  • オルビスクレンジングリキッドの口コミ

もう何本リピしているかわかりません。2年ほど前から常にまつげエクステをつけているので、100%オイルカットは必須で、目元専用として使っています。アイシャドウ・リキッドアイライナー・ペンシルアイライナー・マスカラを酷使していますが、ゴシゴシ擦らなくても下に向かってなでるだけできれいに落ちます。詰め替え用もあるのでとても便利ですし、何度詰め替えてもボトルの目詰まり等も無く、快適に使えています。

参考:@cosmeアットコスメのオルビスクレンジングリキッドのレビュー

ロゼット クレンジングリキッド

価格:1,944円 内容量:180ml

W洗顔不要、ふきとり・洗い流し両用、マツエクOK

ロゼットのクレンジングリキッドは美容液成分で落とす「洗わない洗顔」でうるおいクレンジングで、洗い流さないことでお肌の水分を守ることができます。

美容液生まれのみずみずしくなめらかな感触で、メイクをやさしくオフし洗い上がりはすっきり。水道水の硬度が高いフランスの基本的な洗顔スタイルをヒントに作られています。

⇒ロゼットクレンジングリキッドを楽天で見てみる

  • ロゼットクレンジングリキッドの口コミ

マツエクでも使えるクレンジングを探している時に、洗わない洗顔の文字に惹かれて購入しました。洗わない洗顔は樋口賢介さんも提唱していて、前から気になっていたので。コットンにたっぷり取って、軽く馴染ませてから、摩擦がない加減で肌の上を軽ーくクルクルと拭き取ってます。使って二週間ほど経ちましたが、単刀直入に言うと、とても良いです。私には合うようです。肌が程よくしっとりして、なにより毛穴が目立たなくなったような!今までも保湿には気をつけていたんですけれど、洗いすぎていたんでしょうか。肌荒れもないので、このまま使い続けようと思います。

参考:@cosmeアットコスメのロゼットクレンジングリキッドのレビュー

NOV(ノブ) ACアクティブ クレンジングリキッド

価格:2,700円 内容量:120ml

ノンコメドジェニックテスト済

NOV(ノブ) ACアクティブクレンジングリキッドはニキビのケアと保湿ができるクレンジングなので、大人ニキビに悩んでる方におすすめです。

アクネ菌に有効なサリチル酸配合でニキビを予防し、ビタミン・保湿成分でお肌健康・美肌に。ニキビ肌でも積極的にケアできるクレンジングリキッドです。

↓NOV(ノブ) ACアクティブ クレンジングリキッド公式サイト↓

⇒http://noevirgroup.jp/nov/ ⇒敏感肌のスキンケア『ノブ ACアクティブトライアルセット』

  • ノブACアクティブクレンジングリキッドの口コミ

落ちもよく刺激もなくニキビも落ち着いてかなり良い!毛穴の汚れもきちんとおとしてくれます。かといって落としすぎず、その反動で乾燥してニキビ・・といったこともなかったです。今までクリーム・ミルク・ウォータータイプのメイク落としを試してきたけどこれが一番良いです。特にニキビに悩んでいる人にはお勧めです。

参考:@cosmeアットコスメのノブACアクティブクレンジングリキッドのレビュー

セラムデュー 薬用アクネクレンズ

価格:1,800円(税別) 内容量:90ml

W洗顔不要

セラムデューの薬用アクネクレンズもニキビに悩んでる方におすすめのクレンジングリキッドです。毛穴につまった油をしっかり落としバリア機能を乱すことなく整え、みずみずしい肌に。有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合でアクネ菌にアプローチしニキビ予防します。

↓セラムデュー 薬用アクネクレンズ公式サイト↓

⇒http://www.thecare.co.jp/ ⇒Serum Dew  セラムデュー

  • セラムデュー薬用アクネクレンズの口コミ

アクネクレンズ大人ニキビに悩んでる方向けのノンオイルクレンジング。セラムデュー 薬用アクネクレンズをつかってみました♪濃厚なジェルでサラッとしたテクスチャ。ノンオイルなのにワンプッシュで伸びが良く、毛穴の汚れまでもしっかり落してくれます。気になっていた鼻の黒ずみもスッキリ。よく鼻にニキビのようなものが出来ていましたが、使用していると消えていました!!肌に優しいのにしっかり落としてくれて本当にビックリです。洗顔後は化粧水の浸透も良くて、肌の調子もバッチリ☆

参考:@cosmeアットコスメのセラムデュー薬用アクネクレンズのレビュー

クレンジングリキッドの使い方

クレンジングリキッドの使い方ですが、洗い流すタイプとふき取るタイプに分けて使い方を説明していきます。どちらのタイプもまずは、ポイントメイクを先に落とします。手を洗って清潔にしたら、リキッドをコットンに含ませてポイントメイクをやさしくふき取ります。

コットンにたっぷりとリキッドをしみ込ませて目元に5~10秒ほど置いてなじませたら、やさしく下方向にすべらせるようにしましょう。まつ毛をコットンで挟んだら、再び下方向にすべらせてマスカラを落としていきます。

目元は皮膚が薄いのでゴシゴシこすると色素沈着を起こす原因になります。同様に逆のアイメイクも落としたら、口紅もコットンでふき取ります。たっぷりとコットンにリキッドをしみ込ませ、中央から左右の口角に向けて一方向にふき取っていきます。

ポイントメイクを落としておくことで、ベースメイクを落としやすくなり、肌への負担を軽減できます。

洗い流すタイプのクレンジングリキッド

洗い流すタイプのクレンジングリキッドはクレンジング剤をメーカーの推奨量だけ手にのせたら、Tゾーンから先になじませ、くるくると円を描くように顔全体に広げていきます。特に皮脂の多い小鼻周りは、指の腹を使って丁寧になじませていきましょう。

ぬるま湯でよくすすぎ、クレンジング成分とメイク汚れを洗い流します。熱すぎると肌に必要なうるおいまで奪ってしまいますし、冷たすぎるとリキッドが硬くなって流れにくくなりますので、32℃ぐらいが調度良いでしょう。

よく泡立てた洗顔料で包み込むようにしてダブル洗顔を行います。クレンジング剤にはメイクなどの油性の汚れを落とす役割がありますが、洗顔料には汗やほこりなど水性の汚れや落としきれなかったメイクを洗い流す役割があります。

柔らかいタオルで包み込むように顔の水滴をふき取り、すぐに化粧水や乳液をぬります。クレンジング後の肌はバリア機能が低下している状態ですので、時間を空けずに保湿ケアを行うことが大切です。

ふき取りタイプのクレンジングリキッド

ふき取りタイプのクレンジングリキッドの場合は、ポイントメイクを落とした後、コットンを使って丁寧に顔全体のメイクを落としていきます。まずは、コットンを手に取り、クレンジングリキッドをたっぷりと含ませます。

量が少なすぎると余計な力を入れてふき取ってしまい、肌に負担をかけることになるので、たっぷりとしみ込ませるようにしましょう。顔の中心から外側に向けて、コットンをやさしくすべらせるようにして丁寧にふき取っていきます。

コットンが汚れたら、新しいコットンを出して使うようにしましょう。メイクで汚れたコットンを何度も使うと、汚れを他の部位にのせることになるので肌へダメージを与えることにつながります。

汚れが気になる小鼻やあごの下などは、少しコットンを押し付けて汚れを浮かせるようにすると良いでしょう。

最後に、よく泡立てた洗顔料で洗顔を行いましょう。洗顔料を使用できない場合でも、コットンに水を含ませて、クレンジング成分をふき取り、肌に残さないようにすることが大切です。

クレンジングリキッドの注意するポイント

 基本的には、ふき取りタイプよりも洗い流すタイプの方が肌負担が軽くなりますので、ふき取るタイプは忙しい日や疲れていて動けない日、飛行機の中などの緊急時用と考えて使用しましょう。

ふき取りタイプを使用する場合は、コットンによる肌への刺激がありますのでたっぷりとコットンにリキッドをしみ込ませ、できるだけこすらないようにメイクを落とすことがクレンジングリキッドの注意するポイントです。

また、クレンジングリキッドはクレンジングオイルと同様にメイク落としの中では洗浄力の高く、顔の皮脂まで落としてしまいつっぱり感を感じることがあります。なので、クレンジングの後は化粧水・美容液で肌の保湿をしっかりと行うことも大切です。

-メイク落としの種類

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.