メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

メイク落としのやり方

メイク落としの後の保湿の重要性について

更新日:

美肌を保つために大切なのが“クレンジング”です。メイクがきちんと落とし切れていないと、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。毎日念入りにクレンジングをしている!という人も多いのではないでしょうか。

ですが大切なのはクレンジングだけではありません。クレンジングと同じくらい重要なスキンケアがあります。それが“保湿”です。クレンジングを念入りにしている人こそ、保湿も丁寧に行う必要があります。なぜ保湿が大切なのか、詳しく見ていきましょう。

 メイク落としの後の保湿が大切な理由とは?

クレンジングは肌を美しくキープするために大切なケアの一つですが、実は肌にダメージを与えてしまう要因の一つにもなります。まずはクレンジング後の肌がどういう状態なのか詳しくご説明していきますね。

摩擦によるダメージ

クレンジングではメイクを落とすために肌を指で擦っていきますよね。この時に起こる摩擦は、肌にとって大きなダメージとなります。つまりクレンジング後の肌はダメージを受けたばかりで、肌トラブルが起きやすい状態であるということが言えます。

メイク落としの成分によるダメージ

クレンジング剤の多くは“油分”と“界面活性剤”という2つの成分を含んでいます。肌の上のメイク汚れや皮脂などを浮かせて落としてくれるのが油分です。そしてその浮いた油分を水と馴染ませて、洗い流しやすくしてくれるのが界面活性剤になります。

このように界面活性剤はメイクを落とすときに必要な成分ですが、実は肌のうるおいを保つために必要な皮脂まで落としてしまう場合もあります。また肌の内側にあるセラミドなどのうるおい成分も洗い流してしまうのです。

つまり過剰にクレンジングをしたあとの肌は、うるおいの少ない乾燥した状態であると言えます。

水分によるダメージ

顔が水に濡れている時間が長いことも乾燥を引き起こす原因の一つです。水分は肌の内側には浸透しません。肌の表面にはじかれ、徐々に蒸発して乾きます。このときに肌の内側にある水分も一緒に蒸発させてしまうという性質があります。

そのためクレンジングや洗顔後は非常に乾燥しやすく、失われた水分を外から補ってあげる必要があるのです。このようにクレンジングは間違ったやり方ですると肌がダメージを受けやすく、乾燥を引き起こしやすくなります。

できるだけ摩擦を起こさないように優しく、うるおいを逃がさないために手早くクレンジングすること。また乾燥しやすいクレンジング後は丁寧に保湿ケアすることが肌を健康に保つために非常に重要になってきます。

乾燥による起きやすくなるトラブルとは?

保湿が不足して乾燥が進むと、さまざまなトラブルに繋がってしまいます。「最近肌トラブルが起きやすい」という場合は乾燥が大きな原因かも…?どんなトラブルが起きやすくなるのか、具体的に見ていきましょう。

肌の痒み、炎症

肌を外からの刺激から守ってくれるのは“うるおい”です。皮脂や肌の内側にある水分を保持する細胞がしっかり肌をバリアしてくれるおかげで、肌は健康で美しい状態をキープすることができます。

“外からの刺激”とは、衣類や髪などが触れたときの摩擦や、空気中の細菌、化粧品に含まれる刺激の強い成分などのこと。乾燥して肌のうるおいが減るとそれらからの刺激が防げなくなり、ちょっとした刺激にも肌が敏感に反応して痒みや炎症を引き起こします。

しわ、たるみ

乾燥して肌の水分量が低下すると、肌の弾力が保てなくなります。すると重力で皮膚が下に下がり、たるみが目立つようになります。そしてそのたるみによって皮膚に跡がつきしわができるのです。

また乾燥していると“笑う”“泣く”などの普段の表情によってできるしわもくっきりと残りやすくなります。

肌荒れの修復を遅らせる

肌の内側では毎日新しい細胞が作られ、ダメージを受けた細胞も時間をかけて修復されます。そして古い肌(角質)は外へ排出されます。そうやって少しずつ新しい肌へと生まれ変わるのです。夜寝ている間に行われるこの働きを“肌の新陳代謝”または“ターンオーバー”と呼びます。

ところが肌が乾燥しているとターンオーバーをうまく行うことができません。そのため刺激を受けた肌は回復が遅れ、さらに新しい肌がなかなか作られなくなって老化が進んでしまいます。

しみ、くすみ

しみやくすみはメラニン色素が過剰に増え、それが肌に沈着することで起こります。メラニン色素は紫外線から肌の細胞を守ってくれるもので、私たちの肌にとってはなくてはならないものです。

ただ、ターンオーバーがうまく行われずメラニンが外に排出できなくなると、肌内部で過剰に増えてしみの原因となってしまいます。つまり、ターンオーバーを乱してしまう乾燥がしみやくすみを増やす根本的な原因と言えるのです。

ニキビ

ニキビができるのは毛穴に皮脂が詰まってしまうためです。脂っこいものを食べ過ぎたり、洗顔を怠るとニキビができやすいのは、皮脂が過剰に分泌されるからなんですね。実は乾燥も、その皮脂を過剰分泌させる原因の一つに挙げられます。

先にも触れましたが、うるおいがなくなると肌は刺激を受けやすい状態になります。その結果、肌は表面を覆うための皮脂を必要以上に分泌させ、肌を守ろうとするのです。一見乾燥はニキビと関係ないように思えますが、実は大きく影響している要因の一つなのです。

乾燥させないメイク落としのコツ

保湿がいかに大切か、肌のうるおい不足がどれだけ肌に負担をかけるのか、お分かりいただけたと思います。保湿をしっかりすることは肌トラブルを防ぐだけでなく、若々しさを保つためにも大切です。

またクレンジング後の肌の乾燥を最小限に抑える工夫も大切と言えます。うるおいをキープしながらメイクを落とすコツを押さえておきましょう。

メイク落としを変える

メイク落ちの良いクレンジングオイルはそれだけ界面活性剤の量も多く含んでいます。そのためうるおいを奪いやすいクレンジング剤であるとも言えるのです。

ナチュラルメイクであれば洗浄力のやや弱いミルクタイプやジェルタイプのクレンジング剤でも十分落とせます。必要以上に皮脂を落とさないためにも、自分のメイクに合った刺激の少ないクレンジング剤を選びましょう。

メイク落としを使い分ける

女性の中には「ファンデーションは薄めだけど、アイラインとマスカラはしっかり!」という人も多いのではないでしょうか。

この場合オイルタイプを使うとメイクは落ちても肌には負担がかかります。かと言って刺激の少ないミルクタイプを使えば目元のメイクがなかなか落ちてくれません。

そういう時は、目元はアイメイク専用のリムーバーを使い、それ以外はミルクタイプで優しくクレンジングするなど、うまくクレンジング剤を使い分けると肌の乾燥を最小限に抑えることができます。

メイク落としは優しく、手早く

肌に負担をかけないために優しくクレンジングしましょう。また肌にクレンジング剤が乗っている時間をなるべく短くし、その中でしっかりメイクを落とすのが理想です。

正しいクレンジングと保湿で肌トラブルを減らそう!

まずは正しいクレンジングでしっかりメイクを落とすこと。そして重要なのはその後の保湿をしっかりすることです。肌のうるおい不足はさまざまな肌トラブルや老化の原因となります。乾燥しやすいクレンジング後は特に丁寧な保湿を心がけましょう。

-メイク落としのやり方

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.