メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

メイク落としの成分

メイク落としに含まれる界面活性剤って何?役割と使用する時の注意点

更新日:

“界面活性剤”という成分をご存知ですか?界面活性剤はメイク落としには必ず入っている成分ですが、単体で使用されることはないので知らないという人も多いかもしれませんね。

界面活性剤は私たちが生活するうえでさまざまな役割を果たしてくれる優れた成分です。ここではそんな界面活性剤の役割や種類、使用する時の注意点について、詳しくお伝えしていきます。

メイク落としに含まれる界面活性剤とは?

まず“界面”とは何か、についてご説明します。界面とは、性質の違う2つの物質が接する面・境目のことを言います。性質の違う2つの物質とは、例えば油と水のような通常は混ざり合わない物質のことを指します。

この混ざり合わない“界面”の性質を変化させ、混ざりやすくする成分が“界面活性剤”です。水に馴染みやすい部分と油に馴染みやすい部分の両方を持ち合わせており、2つの物質を合わせるという性質を持ちます。

この性質を利用して考えられた商品が、私たちの暮らしをより良いものにしてくれているのです。では界面活性剤がどんなものに使われているのか見ていきましょう。

界面活性剤の役割

化粧品

洗顔料やクレンジング剤などに配合されています。肌表面や毛穴に詰まったメイク汚れ・皮脂汚れを浮かせて、水と馴染ませて落としやすくする働きをしています。クレンジングオイルなど、油分が多く含まれるものほど界面活性剤も多く含まれます。

生活用品

シャンプー、リンス、ボディーソープなどにも配合されています。化粧品と同じく、汚れを浮かせて落とす性質が利用されています。また油分と水分を含むハンドクリームなどにも使われています。

洗剤

衣類の油汚れを水と中和させ落としやすくします。台所用の洗剤にも同様に使われます。また繊維にハリや柔らかさを与える働きもすることから、柔軟剤などにも利用されています。

食品

化粧品や生活用品だけではなく、天然由来の界面活性剤は食品の製造にも利用されます。マーガリンやショートニング、パンやアイスクリームなどの品質を良くするためにも使われます。

どんなものに使われているか見ていくと、界面活性剤が普段の生活やスキンケアに欠かせない成分であることが分かりますね。

界面活性剤の種類

私たちの身近なものに幅広く使われている界面活性剤ですが、使われている界面活性剤は一つではありません。界面活性剤と一言で言ってもその中にはいくつもの種類があり、それぞれ特徴も異なります。

イオン性界面活性剤

水に溶けたときに、電気を持つ小さな分子に分解されるものを“イオン性界面活性剤”と呼びます。大きく分類すると次の3つに分けられます。

カチオン界面活性剤

毛髪や繊維質に吸着する性質を持つため、リンスや衣類用柔軟剤などに使われます。また殺菌性もあることから殺菌剤などにも配合されています。

 アニオン界面活性剤

泡立ちが良いのがアニオン界面活性剤の特徴です。洗濯用洗剤やシャンプーなどに使われています。

両性界面活性剤

水によく溶ける性質を持ち、皮膚に優しいのが両性界面活性剤です。直接肌に触れることの多い台所用洗剤、シャンプーやボディーソープなどに使われます。他の界面活性剤との相乗効果もあるとされています。

非イオン界面活性剤

水に溶けたときに電気を持った分子に分解されるイオン性界面活性剤に対して、分解されない界面活性剤を“非イオン界面活性剤”と呼びます。

ノニオン界面活性剤

油分や水の馴染みやすさを調整できるという性質を持ちます。泡立ちが少なく、油と水の馴染みやすさにも優れているため、クレンジング剤や化粧品に多く使われています。

天然界面活性剤

天然の植物や食品に含まれているのが“天然界面活性剤”です。大豆に含まれるサポニンや、卵黄に含まれるコレステロール、レシチンなどがそれに当たります。

石油系界面活性剤に注意!

界面活性剤は私たちの生活になくてはならないものですが、実は注意が必要な成分でもあります。特にクレンジングや洗顔など、ダメージを受けやすい顔の皮膚に直接つける場合は注意が必要です。

界面活性剤には石油系の刺激の強いものもあり、元々肌が弱い人にとっては肌トラブルを引き起こす原因となります。また肌のうるおいを保つために必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を強める原因に…。

メイクや余分な皮脂汚れを肌に残しておくのはよくありませんが、刺激の強い界面活性剤を使い続けることも肌にとっては大きな負担となります。乾燥や肌荒れ、敏感肌が気になる人は界面活性剤の配合量が少ない化粧品を使うなどして肌へのダメージを減らしましょう。

クレンジング剤ならオイルタイプよりミルクやジェルタイプがおすすめです。

メイク落としに含まれる界面活性剤の役割と注意点・まとめ

油と水を中和させ、汚れを落としやすくする界面活性剤は私たちの生活のさまざまなシーンで活躍しています。ただし種類によっては刺激が強く、肌トラブルの原因に…。

界面活性剤の優れた性質を生かして暮らしをより良いものにするために、使う種類や使い方に注意しながらうまく取り入れていきましょう!

-メイク落としの成分

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.