メイク落としの使い方やおすすめの選び方について徹底調査!

メイク落とし調査隊!

メイク落としの成分

オーガニックコスメ・無添加化粧品って肌にやさしいの?

更新日:

オーガニックコスメや無添加化粧品って、よくわからないけど普通の化粧品よりなんだかいいような気がして使っているという方もいると思います。皆さんも食べるものと同様に肌にもいいものを使いたいって思いますよね。

でもオーガニックコスメや無添加化粧品のパッケージの裏の成分表示には、なんだかよくわからないカタカナの成分がいっぱい書いてあって、ほんとうに肌にいいのかしらって気になっていました。

そこで、オーガニックコスメや無添加化粧品ってどういう意味なのか、自然成分って肌にいいものなのかを書いていきたいと思います。

天然由来の自然成分って肌にやさしい?

天然由来の自然成分って肌にやさしいイメージですが、これは植物や動物から抽出した成分を配合しているという意味になります。

天然由来の成分は化学構造が複雑なため、じつはアレルギーを起こしやすく、不安定な成分です。実際に、自然派化粧品やアロマオイルなどで肌がかぶれるケースは、意外と多いものなのです。

でも、化学合成成分って体に悪いのでは?って思う人も多いと思います。化粧品の安全が求められるようになったのは、食への安全が叫ばれるようになったのと関係があると思いますが、口に入るものと肌にぬるものとでは安全性が違うのでまた別の問題です。

そもそも化粧品は植物エキスだけ混ぜても野菜ジュースみたいになるだけなので、化学物質をいれないと化粧品にはなりません。なので、けっして植物由来だとか自然派にこだわる必要はないのです。

石油系・鉱物油って危険なの?

たしかに戦前は、石油や鉱物油に関して精製されていない油を使って黒皮症などのトラブルがありました。今はそんな原料は使われていないので、アレルギーでない限りは石油系・鉱物油は避ける必要はありません。

じつは肌にやさしいといって赤ちゃんにも使われているワセリンも、石油系の成分なのです。なので石油系・鉱物油を言葉の響きだけで怖がる必要はありません。

オーガニックコスメの定義ってあるの?

そもそも”オーガニック”というのは、農薬や化学肥料を使わずに育てる有機栽培農法のことです。なので、”オーガニック=肌にやさしい”、というわけではなく”オーガニック=地球にやさしい”ものだと言えます。

現在のところ、どういうものをオーガニックコスメまたは自然派化粧品とよぶのか定義が、ありません。農産物や加工食品などに対しては有機JASの格付けが行われていますが、化粧品は対象外だからです。

極端な話、自然成分のエッセンスを数滴配合しただけでも、自然派化粧品と自称することができます。オーガニックのハーブのエキスなどが入っていても、ほかの添加物は普通に入っているものが多いようです。

基本的に、オーガニックの植物だけで化粧品を作ることはできません。オーガニックコスメは法的にも”安全性が高い”というわけではないようです。

無添加だから安全なの?

”無添加”という言葉も肌への刺激がなく敏感肌でも使える、という風に思っている方も多いと思います。化学成分や添加物を含まない化粧品というイメージがありますが、これも実はちゃんとした定義はありません。

以前は化粧品に対して、”お肌にアレルギーやトラブルをおこすおそれのある102種類の成分は必ず表示する”と定めていました。そしてその後、化粧品に使われている成分は全表示するという法律ができました。

現在では、以前表示を義務づけられていた102種類の成分を配合していなければ、無添加と表記できるようになっています。日々さまざまな成分が新たに作られているのに、これでは本当の”無添加”といえるのでしょうか。

でも、やはり低刺激の化粧品がほしいときは、つい無添加のものを選びたくなっていまいます。そんなときは、ひとつの目安として全成分表示の成分の数をみてみましょう。たくさん文字が並んでいるものより少なめのもののほうがいいです。

なぜなら、成分の数が多いほうがどれかにかぶれる率が高くなるからです。ただ、何個まで成分が入っていてよいかという基準はないので、だいたい20個以下だと成分の数は少なめだということがいえると思います。

メイク落としなどのコスメは肌に合うものを選ぼう!

ここまで言っておいてアレなのですが、すべてのオーガニックコスメや無添加化粧品が悪いというわけではありません。ただ、”オーガニック”や”無添加”と書いてあるからといって、必ずしも低刺激だったり肌にやさしいわけではないということを覚えておいてほしいですね。

化学合成成分もいいものが研究されているので、自然成分にこだわる必要もないのではないでしょうか。たとえばメイク落としのクレンジングオイルのベースの原料では、コメヌカ油やアルガンオイルが至高の一品だと言われていますがコストがかかります。

しかし、クレンジングオイルでもっとも人気のある商品のひとつであるファンケルのクレンジングオイルのベースは、エチルヘキサン酸セチルという合成オイルを使っているのです。そしてお値段もお手ごろでコスパもよいです。

結局のところ、オーガニックコスメ・自然派化粧品・無添加化粧品という枠にとらわれず、自分の肌に合ったコスメを選べばいいと思います。

-メイク落としの成分

Copyright© メイク落とし調査隊! , 2017 AllRights Reserved.